脱毛する回数が気になるなら「医療脱毛」

脱毛を始めても、すぐにツルツルの肌が手に入るわけではありません。

何度も施術を重ねることで少しずつ変化が出て、だんだんと理想の肌に近づいていきます。

とはいえ、少しでも早く綺麗になりたい、効率的に脱毛したいと考えているかたがほとんどでしょう。

完了までの目安となる回数と、効果を実感しやすくするためのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

少ない回数で脱毛したいなら「医療脱毛」を選ぼう

少しでも早く脱毛を終わらせたいかたは、サロンの脱毛ではなく、クリニックで医療脱毛を受けることをおすすめします。

その理由について詳しく説明していきましょう。

医療脱毛とは

医療脱毛は、クリニックで受けられる美容施術です。

医療免許を持っている有資格者だけが扱えるレーザーマシンを使い、ムダ毛を生やす毛根や毛母細胞にダメージを与えることで再生能力を奪います。

医療脱毛の効果は永久脱毛の定義に当てはまるもので、完了後のムダ毛の再生率が非常に低いのが特徴です。

1回の施術効果が強く感じられ、トータルの回数を抑えられます。

医療脱毛とサロン脱毛の違い

サロンで受けられる光脱毛でできるのは、毛根や毛母細胞の働きを弱らせて、ムダ毛が生えるのを抑制したり、減毛する効果に留まります。

医療脱毛のように細胞を死滅させる医療行為はできないので、比較すると効果は緩やかです。

照射を続ければ十分綺麗になりますが、出力が弱いことから医療脱毛の倍程度の回数が必要になります。

医療脱毛の効果が現れるまでの回数

1回の効果が高く、少ない回数で脱毛効果を期待できるのが医療脱毛の特徴です。

自己処理の負担が減る回数や、カミソリや毛抜きの出番がなくなる回数の目安について、具体的に解説していきます。

自己処理が楽になるまでの回数

元々のムダ毛の生えかたにもよりますが、多くのかたが自己処理の回数が減ったと実感するのが、3回の施術を受けた後です。

脱毛してから1週間から10日ほどでするりとムダ毛が抜け、何度か照射を続けていくうちに生えてくるムダ毛が減ってきたことを感じられるのが、3回目を終えて2週間程度経ったあたりになります。

自己処理が不要になるまでの回数

再生してくるムダ毛も細く頼りないものになり、ほとんど目立たなくなってくるのが5回から8回程度です。

ワキやVIOラインなど、濃く生えている部位はまだ残っているでしょうが、腕や脚といった人目が気になる部位はほぼ目立たなくなるので、カミソリの出番も数週間から1か月に1回程度に減らせるようになります。

永久脱毛までの回数

ほぼムダ毛が再生してこなくなるまでには、8回から10回程度照射が必要です。

医療脱毛のプランは5回から6回が1セットになっていることが多いのですが、産毛や、より濃くムダ毛が生えている部位も含めて完璧な脱毛を目指したいかたは、10回前後を目安に施術を続けています。

ぱっと見目立たないムダ毛もまとめて処理し、ツルツル肌にしたいかたは回数が多くなる傾向です。

【部位別】医療脱毛にかかる回数

顔や腕、ワキなど部位によっても、脱毛完了までに必要な回数が異なります。

効果の表れかたに個人差はありますが、満足いく仕上がりになる大体の目安について解説していきましょう。

顔に生えている産毛は細く、色も薄いことからレーザーに反応にしにくいため、効果が出るまで時間がかかります。

自己処理が楽になるまでには大体8回から10回、必要なくなるまでは15回前後です。

ただ、産毛は毛周期が短いことから、施術期間自体が長引くことはありません。

サロンの脱毛と比べても少ない回数で完了します。

腕・脚

カミソリや毛抜きがほとんど必要なくなるまでは5回から7回、ツルツルにしたい場合は8回から10回が施術回数の目安になります。

腕や脚は露出する機会が多いことから、多くのかたが最も綺麗に見せたい部位でしょう。

照射を重ねていくと、ムダ毛だけではなく、自己処理した後の毛穴の黒いぽつぽつも少しずつ目立たなくなっていくのが嬉しいポイントです。

お腹・背中

お腹や背中は、腕や脚と比べても生えているムダ毛は細く、あまり目立ちません。

その分、1回で得られる脱毛効果が落ちてしまうことから、自己処理がほぼいらなくなるまで5回から9回、永久脱毛が完了するまで10回から14回程度照射が必要になります。

ただ、ほぼ服で隠れる部位ですので、脱毛中は人目に触れる機会が少ないのは安心です。

ワキ

ワキは脱毛を希望するかたが特に多い人気の施術部位です。

医療脱毛の場合は5回から7回程度で処理する機会がほとんどなくなり、8回から10回でほぼツルツルになります。

照射範囲が狭いことから、1回の施術時間が短いのもワキ脱毛の特徴です。

また、施術料金も比較的安価ですので、気軽に脱毛を始められます。

VIO

VIOライン脱毛は、毛量が減ってくるのが5回目くらいからです。

7回から10回でほとんど目立たなくなり、11回から15回程度でツルツルになります。

ただ、元々の毛量が多いかたはさらに回数が必要な場合もあるので注意が必要です。

敏感な部位で痛みが出やすいことから、出力を抑えて照射した場合には効果が表れるまで時間もかかります。

少ない回数で医療脱毛の効果を実感する方法

医療脱毛は、施術を受ける際のちょっとした意識や、普段のスキンケアによっても効果の表れかたに違いが出てきます。

少しでも効率的に脱毛したいかたはポイントを押さえておきましょう。

毛周期に合わせて施術を受ける

脱毛する際に特に気をつけておきたいのが、毛周期に合わせて定期的に施術を受けることです。

照射するレーザーは、成長期の体毛に作用します。

そのため、2か月や3か月といった一定周期で繰り返し脱毛し、成長途中のムダ毛に満遍なくダメージを与える必要があるのです。

予約の取りやすい、クリニックを探して通い続けるようにしましょう。

自分の肌や毛に合った脱毛機を選ぶ

医療脱毛で使用されているレーザーマシンは、波長の長さによって濃いムダ毛に強い、産毛にも効果的といった特徴がありますので、自分の肌質や毛質に合ったものを利用すれば脱毛効果が高まります。

そのため、できるだけさまざまなマシンが置かれているクリニックを選ぶのがおすすめです。

診察した上で、患者に合ったマシンを使った施術を受けられます。

保湿ケアや日焼け対策を怠らない

脱毛を受けている期間は、普段より念入りに保湿を心がけましょう。

油分と水分のバランスが保てていればバリア機能が高まり、照射時の痛みを感じにくくなったり、トラブルが起こりにくくなるなどメリットが豊富です。

また、日焼けして肌が黒くなると、安全のために施術が受けられなくなる場合があります。

紫外線対策は徹底してください。

まとめ

体毛の生えかたには個人差がありますから、脱毛完了までに必要な回数はあくまでも目安です。

プランを選ぶ際には、カウンセリングで最終的にどんな状態に整えたいのか、どのくらいに期間で施術を終えたいのかよく相談した上で回数を決めてください。

専門家が患者それぞれの状態を確認して提案してくれます。

不安を解消した上で脱毛を始められますので心配はいりません。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です